忍者ブログ
静岡⇔福岡 4年9ヶ月の遠距離恋愛卒業★*⇒結婚♡ に向けての日々・想いを綴る恋愛ブログ♪
| Admin | Write | Comment |
callendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
love...



Ranking**
ランキングに参加しています★*
Clickしてもらえると嬉しいです♡。+゜((o´艸`))。+゜

にほんブログ村 恋愛ブログへ  にほんブログ村 恋愛ブログ 両思いへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ CoRichブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング ブログランキング


*アクセスアップにお役立ち*
アクセスアップ.NET


*杞紗*といふひと。
HN:
*杞紗*
性別:
女性
職業:
ふくしのおしごと。
趣味:
ねむること。コスメ。ネイル。
自己紹介:
静岡⇔福岡 4年9ヶ月の遠距離恋愛を卒業★*

ダリリとずっと一緒にいられる日がくることが
今いちばんの目標。
comments
[06/02 *杞紗*]
[05/28 えみっこ]
[05/27 *杞紗*]
[05/25 ゆきぺ]
[02/28 *杞紗*]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ついに!!

念願のブログを始めてみました(*′艸`*)☆゜.+:。


はじめまして

おひさしぶりです

とにかくこれからよろしくお願いしますv(*'-^*)ゞ・'゚




6年前。

とあるチャットをきっかけに、きぃとダリリのお付き合いがスタートしました

きぃは静岡。

ダリリは福岡。

片道1000キロの遠距離恋愛のスタートでした。




「いつか結婚しようね」



お互いにそんな気持ちになれる相手とめぐり逢えました。




5年後。

紆余曲折ありながらも、ダリリが国家試験に合格。

薬剤師として、社会人の第一歩を歩むことになりました。


きぃの住む、この静岡で・・・。



思ってもいなかった遠距離恋愛の卒業から1年。

ずっと一緒にいられる日に向けて、ふたりの中で大きく何かが動き出しました。



思い描くだけでしかなかった「結婚」が現実になるために。

抱える問題も、越えなくてはいけない壁も、まだまだたくさんあるけれど。


いろんな想いや出来事を、カタチに残しておこうと思います。



ダリリがご挨拶に来たその日から、ちょこちょこと、書きためてはいたのですが、
お付き合い6周年の今日、オープンしてみることにしました


記事は実際にその出来事があった日付で書いているので
このご挨拶とは時間軸が前後してしまうのですが(苦笑)

ちょっとでも読んでいただけたら、
そして、同じような状況の方とお知り合いになれたら嬉しいです
PR

きぃの実家への挨拶も無事に終了して、
ダリリ母との一山もどうにか(?)越えたかと思われたところで、
早速
会場探しを始めました


といっても、これがなかなか大変で




*会場タイプはゲストハウスで。

*出来るだけアットホームにこじんまりと。




結婚式の希望について、ふたりの中でこの2つは決まっていたのですが、
そうと決まったら何事もどんどん段取りしてしまいたいきぃと、
悠長に構えていてなかなか腰を上げないダリリ。


これ見よがしに、伝家の宝刀
ゼクシィを買ってきてはダリリ宅で読んだり、
パソコンからネットで会場検索をしては


き:「ココとココが良いと思うんだよね~
  「ねぇねぇ、素敵じゃない?」
  「見に行きたいな~」



・・・などと揺さぶりをかけていたのですが。




ダ:「もう行くん?」

  「まだ(先で)いいわぁ~




・・・・・・コレですよ、奥さん┐(´д`)┌



きぃたちが希望している秋は結婚式のトップシーズン。
ただでさえ人気が集中している時期だというのに、
ダリリの家族が遠方から来ることもあって、日取りも限られる。

人気の会場なんかは1年以上も前から予約が埋まっているのが当たり前。


見るだけでも見ておけばいざという時にすぐ動けるのに、
まったくもってそういうことがわかっていないというか・・・・・・(´-ω-`)




揚げ句の果てには。




ダ:「結婚式ねぇぇ~・・・・・・」

  「やるんかぁ・・・・・・(;´Д`)」







・・・・・なんですとぅぅ??!!(〃*`Д´)





なんですか!

この体たらくは!!(。`・Д・。)ノ



よくありがちな、

新郎が非協力的なパターンか??!!






・・・おもしろくない。


・・・・・・非ッ常~におもしろくない。



えー・・・。

だから、別にGreeenのファンでもなんでもないですってば(笑)

きぃです、コンバンワ┏○ペコリ










いよいよやってきました。

ダリリ、緊張のご挨拶日



きぃはお昼過ぎまでゆっくり寝て過ごしてからダリリ城へお迎えに

手土産も無事に揃って、途中で注文していたお寿司を取りに寄りながらきぃ城へ向かいました。



道中はなんてことなかったのに、駐車場に着いたとたんに緊張しだしたダリリ(笑)



家に着くと、きぃ父ときぃ母がリビングに座って待っていたのですが、
部屋に入るなりきぃは思わず吹き出しそうになってしまいました。







いつになくテーブルの上が片付いてるよΣ(゜∀゜;)





いやぁ・・・・・・。
両親なりに気を遣ってみたのね(笑)


まずはダリリから簡単に自己紹介をして、手土産贈呈
両親も自己紹介をして、栗鹿の子とケーキは冷蔵庫にしまって全員着席。


ですが・・・…。










・・・・・・・・・早速沈黙(゜Д゜;)










いやいやいや
4者4様、何をどう話したもんかと軽くフリーズしてしまったんですね(笑)



それもそのはず。


きぃはひとり娘。

これまでお付き合いしたひとを両親に逢わせたこともナシ。



『男の子』との会話の話題なんて思いつきもせず。

ましてや『娘の彼氏』なんてどう扱えばいいんだか右も左もわからない状態なわけです(´゚艸゚)∴ブッ





きぃ母「ごめんなさいね~こういうのに慣れてなくって

き「今まで連れてきたこともないしねぇ(;´▽`)」



・・・なんて言いながら、仕事には慣れたかとか、
静岡の生活は(ダリリは出身が宮崎県なので)どうかとか、
当たり障りのない会話を少々。




きぃはというと。



緊張しているのが手に取るようにわかるダリリ

と、


あり得ないくらい寡黙で密かに緊張しているらしいきぃ父

と、

そんなふたりを前に案の定テンパっているきぃ母



・・・という構図を見て、ひとり面白くて笑いを堪えるのに必死になっていました(笑)





しばらく世間話をして、ダリリがいつ本題に入るのかな・・・と思っていたら。




きぃ父「まぁ僕らはね、きぃがいいと思って一緒になる相手だったら
    それが一番だし、特別どうこう反対するなんてことはないの
    でね」




・・・と、きぃ父が話し出しました。


きぃ父「母親もいつまで動けるかわからないし(きぃ母は難病持ち)、
    きぃの祖母も幸いまだ元気でいてくれるもんだから、
    ふたりが元気なうちに嫁に出してやりたいっていうのがね、
    本音のとこなんですよ」






きぃもダリリもうんうん、と聞いてしまっていたのですが・・・。








・・・ちょっと待て、父よ(・_・?)








きぃ母「お父さん、ちょっとちょっと( ゚Д゚;)




きぃ父の発言に、あわててきぃ母が口を挟みました。






きぃ母「そもそも結婚を前提にお付き合いして

  もらっているって思っていい…のかし

  ら?!(il`・ω・´;)








・・・そう!

そうなんですよ!!




まだダリリは結婚についてなんにも言ってないんですよ!!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)




ゆ「あ、はいッ。もちろんそのつもりで!(il`・ω・´;) 」

きぃ母「あぁ~・・・それだけわかれば。安心しました(;´▽`A``」

きぃ父「よろしくお願いしますよ(´・ω・`)」





そしてそのままお寿司を食べることに・・・・・・。




食後は、みんなでダリリからの手土産のケーキと栗鹿の子をいただき、
ちょうど「灯篭まつり」という地元のお祭だったので行ってきたらどうかときぃ母に勧められ、
ダリリと一緒に願い事を書いた灯篭を流してきたのですが。






・・・・・・えー・・・。



ていうか・・・・・・。









これだけ、ですか?ヽ(;´Д`)ノ







もっとこう・・・なんかさ・・・。


挨拶っていったらなんかあるんじゃないんですか?!

ダリリ、半ば押し切られてますけど?!∑(・∀・;ノ)ノ






『結婚を前提に

お付き合いさせてもらってます』




て言うんじゃなかったの?!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)







・・・きぃ父のフライングに、思いのほかあっさりとご挨拶は終了してしまったのでした


きぃの両親への告知(笑)が無事終わった翌日、
いつもの電話タイムにゆきくんへ報告。



き「親に挨拶に来るって言ったよ~(*・∀・)」

ゆ「おぉ!で、なんか言ってた?」



やっぱり反応が気になる模様です。



き「えーと……
  どういうわけか……

  お寿司を食べることになりました!
  (*っ∀・`)ノ)) 」



ゆ「なんでっ??!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)」



いやぁ・・・。

なんでと言われましてもねぇ……。


なりゆき上としか言いようがないでしょう


きぃ家はオメデタイ時にはお寿司って決まってるんですもの。



ゆ「いきなり飯食うの?」
 「そんなん長く居るん??(;゚д゚)」

き「だっておとーさんが食べてってもらえって言うんだもヽ(;´Д`)ノ」



もっとラフに考えていただけに、ゆきくんは急に緊張してきたようです。



き「迎えに行って、途中お寿司取りに寄ってから家に行くからネ」

ゆ「手土産は栗鹿の子でいいやんな?(・д・)」



決まってしまったことには腹をくくるしかないので、
話題はきぃ家に持ってくる手土産の話へ。

きぃの親なだけあって、両親ともお菓子には目がありません(笑)


特に父は栗が大好物。

母方の親戚が、母へではなく「父に」と毎年栗鹿の子を送ってくるくらい大好きなのです。



手土産といえばお菓子とか消え物が妥当だろうということで
父の好みに合わせて栗鹿の子は即決(笑)

ゆきくんの職場の近くにおいしい和菓子屋さんがあるので
そこで買ってきてくれることになりました



……ちなみにきぃは栗は好きではありません(*`-ω-*)


母はというと、栗鹿の子でももちろん大丈夫ですが、
どうしても「栗鹿の子=父」になってしまうので
母にも何か・・・ということになりました。



母の大好物はチョコレート。



き「ケーキにしよう!
 
 ケーキならきぃも食べられる(*・∀・)」



ゆ「思いっきしきぃ目線やんか!(;゚д゚)」



・・・・・・ということで美味しいケーキ屋さんでケーキを買っていくことになりました


だって食後のデザートは必要ですもの~~。




そんなわけで手土産も無事に決まり
あとは当日を迎えるだけとなったのでした★


そんなタイトルの映画がありましたっけね。

……見ていませんが(笑)



決行日が決まったものの、いざとなるとなかなか両親に言い出せないものです。


なんというか……。

こう……。

恥ずかしいというか・・・。

緊張するというか・・・。



上手く話を切り出すタイミングがつかめないんですね


このところ、お仕事の帰りが遅い日が続いているきぃは、
なかなか両親と顔を合わせる時間がありません。

たまに早く帰れても、疲れが先立ってしまい食事も摂らずに寝てしまうこともあるくらいで



今日こそ言おう、と思いつつ、6月を終えてしまいました。



けれども決行日は迫るばかり。

気持ちばかりが焦るのです



そんな中、お仕事がお休みのこの日。

夕食の時に意を決して話しをしてみることにしました。




き「あのさぁ……お盆は(お墓参り)どうする?」



きぃ家は7月盆なので、7月にお墓参りにゆくのです。

お盆は13日から15日まで。

なので、行くとしたらその間のどこかでお墓参りに行くのですが、
今年は12・13と家族旅行に行く予定になっているのです。


さすがにきぃもそうそうお仕事を連休にばかりできません(*-ω-)


16日はちょうどきぃがお休みなので、その日にずらして行くのかなぁ・・・と思ったのです。




きぃ母「お母さんはいつでもいいけど、お父さんがねぇ・・・お盆の間に!てこだわるからねぇ・・・┐(´д`)┌ 」



……きぃが変なところで頑固なのは父譲りのようです_| ̄|○





き「でも旅行の日じゃねぇ…(・∀・;)」

きぃ母「ねぇ……。でもお盆過ぎてからじゃあなおさらねぇ……(*´・д・)」



!!(。+・`д・。)キラーン

ということは、16日という可能性は薄そうな感じ。



き「じゃあ、じゃあ、お盆前だけど11日は?
 病院午前中で終わるから、お昼食べて午後行ったらいいんじゃない?+(0゚・∀・)」



・・・確信犯です、ワタシ( ゚∀゚)



きぃ母がそれに賛成してくれ、きぃ父にも訊いてみたところ、それでいいとのこと。




そうなったらいよいよ。



意を決して告知です!!(笑)


≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4]

Copyright c 今日も大好きでした。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆ / Material By はながら屋
忍者ブログ [PR]